よく耳にする酵素っていったいどんなもの?

酵素サプリ、酵素ダイエット、酵素風呂などなど酵素という言葉を耳にすることが多くなりましたね。
いったい酵素ってどんなものでしょう?私たちの体に必要なものなのですが、意外に知られていない酵素について紹介しましょう。

 

 

☆酵素って?

 

体の中で作られる酵素。消化酵素という言葉が一番親近感があると思いますが、消化を助ける酵素だけではなく、多くの種類の酵素が、私たちの体の中で働いています。
筋肉を動かしたり細胞を動かしているのがこの酵素なのです。

 

そしてこの酵素はビタミンやミネラルなどとつながっています。ビタミンやミネラルも体に必要な必須栄養素といわれていますが、酵素がなければこれらの栄養素も十分に吸収されず、その効果を発揮できないのです。

 

そんな私たちの体に必要な酵素は、体の中で生産もされますが、年齢とともに減少していきます。
外からこの酵素を摂取するには、酵素を豊富に含んだ食品を食べるのが良いですね。
酵素は新鮮な野菜や果物にも多く含まれていますし、納豆やみそなどの発酵食品にも多く含まれています。

 

 

☆潜在酵素と食物酵素

 

先にも書きましたが、私たちの体の中で生産されている酵素は潜在酵素と呼ばれ、消化酵素と代謝酵素に分けられます。

 

消化酵素は文字通り、食べ物の消化を助ける働きをしています。アミラーゼやプロテアーゼなどの名前は耳にしたことがあると思います。

 

そして代謝酵素というのは、体の代謝を助ける酵素ですが、体内に吸収された栄養を体の隅々にまで届けたり、老廃物を排出したり、免疫力を高めたりという働きをします。

 

食物酵素は食物の中に含まれている酵素です。野菜や果物、納豆やみそなどに含まれる酵素ですね。こうした酵素を含む食品を食べると消化を助ける働きもしてくれます。

 

 

☆酵素が不足するとどうなる?

 

さて、こうした体の中で大切な働きをしている酵素が不足するとどうなるでしょうか?

 

その働きから見てみると、
消化が悪くなる
代謝が悪くなり、老廃物がたまりやすい、活力がなくなる、免疫力が下がる
などということになります。

 

それは、酵素が不足することによって、血液が汚れ、ドロドロしてしまうからなのです。
消化が悪いことで、分解しきれない糖が血液の中に吸収され、血液がドロドロになっていきます。そうなれば血行が悪くなり、血行が悪いと体に良いことはありませんね。

 

なので、酵素は十分に摂取する必要があるということですね。
体の中の酵素が減っていけば、食物から摂る必要があります。ただ、現代の食事では生の野菜や果物を十分に食べたり、発酵食品を食べたりということが少なくなってきて、酵素の量が足りない傾向にあります。
そこで登場するのが酵素サプリというわけですね。

 

健康のために酵素は必要だということはわかりましたね?
毎日の食事、そしてサプリで酵素を補うようにしたいものですね。

 

こうじ酵素と丸ごと熟成生酵素を徹底比較!